株式会社 ピーアイ

アパレル企業の代表取締役社長、とご紹介するよりも「短パン社長」とひとことご紹介したほうがピンとくる方も多いのではないでしょうか。セミナーや講演会、展示会や異色コラボレーションにメディア出演・・・。怒涛の毎日を過ごされる短パン社長ならではのビジネス民泊活用法をお伺いしました。

”ワクワク”の仕掛人!短パン社長流ビジネス民泊活用術

IMAGE 12

当然、出張が多い生活でいらっしゃいますよね?

うん、そうだね。出張は多いほうだと思います。アパレルの展示会もそうだけど、講演会でも一人でも多くの人に会いたいから全国に足を運んでいるしね。出張の時はホテルに泊まることが多いかな。もちろん僕のFacebookは見てると思うけど、僕の泊まるホテルって素敵なところばかりでしょ?日常とは違う場所に行って、素敵なホテルに泊まるということも出張の醍醐味だと思うしね。せっかくだからさ、一緒に「ビジネス民泊」の面白い使い方を考えようか!
IMAGE 2

ありがとうございます。確かに、泊まるだけが民泊ではないように思います。

そうだよね。たとえばさ、TripBizを見ていると、一軒家のまるまる貸し切りの物件なんかもあるね。僕だったら、この一軒家を借り切って、アパレルの展示会をやってみたいな。僕たちの洋服のブランドイメージに合う一軒家にお客様をお招きする。家の中に入ると素敵な家具があって、おしゃれなラグが敷いてあるリビングに洋服が展示されている。一通り見ていただいたら、キッチンで淹れたての紅茶を飲みながらベランダで商談・・・とかいいと思わない?うちの営業メンバーは2階に泊まればいいわけだし(笑)。出張の時にホテルの代わりの宿泊場所として民泊を利用するのもいいと思うけど、僕ならホテルにはない特性を活かして、他がやっていないことをやりたいと思います。
IMAGE 12

なるほど!遠隔地やリゾート地ではいかがでしょうか?

東京とか大阪みたいな都市部と比べると、確かにリゾートみたいな遠隔地はビジネス民泊のニーズが頻繁ではないよね。でも、こういうところで経営合宿みたいなことをしたら面白いと思うけどな。プロ野球選手も、調整のためのキャンプとか自主トレを遠隔地でするよね。そうそう、去年から取り組んでるプロジェクトで「奥ノ谷塾」っていうのがあるんだ。僕のブログを読んでくれている人なら当然知ってるんだけど。この「奥ノ谷塾」は、僕が会いたいと思う経営者を全国から10人くらい集めて、各々の業界で圧倒的な存在になろう!って色々と勉強している会です。例えばこの「奥ノ谷塾」を、リゾート地の民泊でやったら面白そうだな。今までは宿泊場所はメンバーそれぞれが手配してたけどそれも必要ないし、いつも一緒なわけでしょ?やっぱり色々な体験とか感動、そういうものを共有するって大切だよ!まだまだ民泊には活用方法がありそうだね!

株式会社 ピーアイ
代表取締役  奥ノ谷 圭祐(短パン社長)

他にも、こんな企業様にご利用頂いてます!